樂篆工房(らくてんこうぼう)

樂篆家とは

漢字の源である「象形文字の甲骨文字」「周時代の金文」「秦時代の小篆」などの古代文字を祖形として、独自にデフォルメされた創作書体は、現代の漢字にはない新鮮さと、人々を魅了する独特の美しさがあります。